Shoumiブログ

女の人生賛歌。

こころを休ませたいときに訪れたい。中国のトンネル的本屋さん。

こんにちは、Shoumiです。

 

こころの休ませ方は、人それぞれのやり方があるんだろうと思います。
1人でカフェに行ったり、友人と話したり、
家でDVDを観て涙をほろりと流したり。
わたしの場合は、本を読んで過ごすことが多いです。

ところで、世界には素敵な本屋さんがたくさんあります。
中国揚州市では、本好きにはたまらない
トンネル型の本屋さんがオープンしたそうです!


本に囲まれた空間なんて素敵だ。。

次に海外へ行くとしたら、子どもが大きくなって
少なくとも3年後以降?
気長に待って、いつか中国旅行ができたときには、
旅の途中でこの本屋さんにも立ち寄れたらいいな。


世界の本屋さんや図書館をまとめた本は何冊か出ていますが、
わたしが特に好きなのはこちらの本。



眺めているだけで、書店を巡りに世界を旅してみたくなる。。

ちなみに同書の中で、北京のポプラキッズリパブリックという
書店が紹介されています。

ポプラ社の中国事業の一環ですが、
建築家の迫さんという、日中問わず建築業界で有名な
日本の方が設計されています。
子どもも大人もワクワクするような、素敵な空間です。


こころが疲れたとき、気分転換したいとき、
いつもとは違う本屋さんを訪れるのもよいなあと思いました。